Backdoor Hepatologist in IA

米国中西部IA大学病院消化器肝臓内科医師のブログ 取り扱い範囲は内視鏡から肝臓移植まで

学生には内視鏡されたくない話

アジア人であるためか、自身の容姿は比較的若く(未熟に?)見られるようで、学生或いはレジデントと間違われることが多い。実際は38歳のおっさんなのに。特に内視鏡のときは、上下グリーンのスクラブを着ているので、より頼りなく見えるらしく、ナンダコイツというな顔をされることもがままある。感覚的には月に2-3回そんなことがある。

よくされる質問ベスト3:

1) これまで何例の内視鏡を経験していますか?

2) スタッフなのに若く見えるわね~、で、何歳?

3) 今日の内視鏡はあなたがやるの?(フェローと勘違いされている)

先週髪をかなり短くしたら、いきなり1週間で3人ぐらいに疑われた。これって実は結構失礼なんじゃないかという気もするが・・・。技術で信頼を裏付けようにも本人は沈静下で寝ているので何もわからないというのもまた。基本笑顔でかわしているが、一昨日の症例には余りにしつこく言われたので、”75歳のDrにRe-scheduleしますか?”とまじめに聞いたところ、イヤミなウソと思われたらしくさらに険悪になるという始末。実際75歳で内視鏡のうまい医師がいるのだが。已む無し。