Backdoor Hepatologist in IA

米国中西部IA大学病院消化器肝臓内科医師のブログ 取り扱い範囲は内視鏡から肝臓移植まで

春になった、やっと:うまくいくことといかないことと

Related image

肝移植の話:個人的には久しぶりのPNF(Primary non function)の症例。外科医曰く、60何歳でSteatosis30%ぐらいのドナーだったと。再登録してその日の夜に再移植。これは助かる。その後はすこぶる順調で、週末に退院の予定。

肝癌焼灼術の話:症例は少しずつながら症例を蓄積している。コンスタントに月1-2例ぐらい。今のところほぼ合併症無く、CR率は90%を超え残りの数%もPRなので、まずまずの経過であろう。先日はついに商売敵の腫瘍内科医の先生(TACEしかしない)から、焼いて頂戴と治療の依頼が。すこしは認知が高まっているようでうれしい。前にも書いたが、日本に帰れば凡百の焼き手なのにこちらでは重宝される(”無沈静の内視鏡”と同じ)...不思議な気分である。

日本の若い先生を無免許臨床フェローとして招聘するプロジェクトは難航している。病院の弁護士が、ECFMGを持っていないのならば患者にかかわる仕事はできない、と仰るのだが、じゃあUSMLE未受験で臨床(しかもスタッフ)やってる俺はどうなんだと思ってしまう。同じような形の海外フェローを雇っている他科の動きを7月まで見て(その科に7月から新しい無給フェローが来るようであれば)、再度働きかけをしていこう。まだあきらめたわけではない。

ようやく春の兆し、週末は今の家に移って初めてといってよい庭の整備。馬鹿でかいホームセンターに出かけていって、ミニトマトとローズマリーの苗、およびオクラとシソの種を購入した。キラキラ家庭菜園作りを目論んでいるものの、さて初心者ゆえどこまでうまく行くものか。