Backdoor Hepatologist in IA

米国中西部IA大学病院消化器肝臓内科医師のブログ 取り扱い範囲は内視鏡から肝臓移植まで

去年の振り返りと新年の抱負、アメリカ臨床留学の機会創出

 

Image result for iowa old capitol snow 2018

<去年の振り返り>

1) 診療・教育には大分慣れた

2) IAに来てからやっと1本、原著論文を通せた(筆頭で通算10本目)

3) 肝癌ablationのサービスを立ち上げ、少規模ながら1年を通して運営できた

4) 反省:フェローを指導して出したPublicationは症例報告1本のみ

5) 自省:週末の飲酒を楽しみにしすぎて少し太った

 

<新年の抱負>

1) 肝癌診療のイニシアチブを腫瘍内科医から肝臓内科に委譲するシステムを構築

2) 初期の肝障害から移植に渡る自身の診療に、もっとダイナミズムを持たせる

3) 胆膵疾患に少しずつ手を広げる(まずはPSCや自己免疫性膵炎・胆管炎等)

4) 年1-2本は筆頭・セカンドあるいはCorrespondingで論文をコンスタントに出す

5) 酒(と付随するツマミ)を控える

6) 日本の若手医師を対象とした、肝臓病+肝移植内科の臨床研修プログラム@IAを創設する(現時点では来年1月スタートが目標。期間は1年間の予定)

 

抱負の(6)については実現するかはまだまだ未定。でもとりあえず出来る方策は尽くしてみる。しっかりと臨床に触れる機会を持てるフェローシップにせねばならない(肩書きはVisiting clinical fellow)。恐らくTOEFLのスコア(iBTで79/120点?)を求めることになる(追記:USMLE/ECFMGは一切不問)

無給のポジションなので、奨学金をゲットするか、貯金をこしらえてから来てもらうしかない。さて、この暫定プログラムは果たして若い先生にとって魅力的に見えるのか?だとして、どれだけハングリーな先生がいるんだろう?楽しみです。