Backdoor Hepatologist in Iowa

アイオワ大学消化器肝臓内科医師のブログ 内視鏡から肝臓移植まで色々と取り扱ってます

面接、4つのプレゼン、Complicated LT cases

Image result for Wilson's Orchard honey

先週末はフェロー候補のインタビュー。母数は忘れたが、200だか300だかの応募書類の中から選ばれた30人がインタビューに呼ばれるので、彼ら彼女らのCVはすばらしく、研究実績も盛りだくさんで、USMLEを高得点で合格している(自分で受けたことが無いので実感としてどれぐらいすごいのかはわからない)。みな胸を張って自分の業績を語る姿はいっそ清々しい。目に余るほど高飛車な候補者は今回はいなかった。

インタビュー後に御礼のメールをもらうことが多い。今回は自分が面接を担当した10人のうち5人。これまでは面接される側ばかりだったので、面接をしてくれた人に対してメールを送ることに実際どれだけの意味があるのか判然としなかったが、逆の立場になると、面接される側だったときには想定していなかった効果があることがわかる。ひとつは、メールをもらうことで物理的に顔を思い出すのでより印象に残る(初見の印象が悪かった候補者の場合は逆効果かもしれない)。あとは文面がコピペであると印象が悪く、インタビュー当日に話した内容を詳しく書いてあるととても印象がよい。

 

引き続いて、仕事ではこの2週間ほどはTransplant hepatologyのサービス週間。比較的落ち着いているが、Non-complianceからのAcute cellular rejection症例や未診断のPTLD症例があったりと、教育的には充実していてフェローは満足している様子。

 

10月半ばに日本に一時帰国する前の1ヶ月で、60分枠のプレゼンが4つ(肝移植後CMVについて、HCCのablationについて、薬剤性肝障害に対するステロイド治療の是非について、肝移植の適応と生体肝移植について)があり、疲弊。全部引き受ける必要はなかったんじゃと思う反面、何事も勉強也と自分を鼓舞する。

一時帰国の目的のひとつはJDDWへの参加である。アイオワ州医師免許(以前書いたように、自分のは通常のライセンスではなくspecial license と呼ばれる特殊なもの)は日本で消化器内科の専門医であることを前提に担保されているので、専門医維持のためときどきこうして参加しなければならない。面倒だがやむを得まい。おいしい魚と、つけ麺が食べたい。飢えているといってよい。

(写真は先週末のりんご狩りです)